クリーニングキットC-01のご使用方法

印字ヘッドは長期にわたって使用すると、コレステロールのように
インクが凝固しヘッドが詰まったり、インクが出にくくなります。

印字不良の原因は印字ヘッドからインクが正常に出ない場合と、
インクの出過ぎで印字ヘッドが汚れた状態にある場合に
カスレ印字などで印字不良になります。

クリーニングキットは主に印字ヘッドのインクによる詰まりを
クリーニング液を使用することによって、凝固したインクを溶解させ、解消するものです。
各社プリンタの構造によって使用方法は異なりますが
印字ヘッド・インクの通り道に直接かけて使用したり、ティッシュや付属の
ワイパークロス・綿棒などに染み込ませてプリンタ内部を拭いたりします。

ご使用のプリンタメーカーをクリックしてください。


  1. カートリッジを全て取り外し、それからプリンタのヘッドをゆっくり取り外します。 ※ヘッドはレバーを上に上げると外せるようになります。
  2. 印字ヘッド部のインクのあたる供給口にクリーニング液を数滴たらします。凝固したインクが溶解されます。
  3. 裏返すと、縦すじの印字ヘッドがありますので(プリンタによっては1つ)クリーニング液を数滴たらし、数分放置します。 ※汚れのひどい時や長い間使用されていなかったプリンタヘッドの場合は数時間放置してください。
  4. 付属の注射器の先にエアー抜きをしっかり取り付けます
  5. エアー抜きを、印字ヘッドにあてて、2本の指でエアー抜きをおさえます。注射器のピストンをシュッと引き上げ液に解け出たインクを抜き取ります。 3〜4回繰り返し、ヘッド詰まりの原因となっているインクを吸い出してください。
  6. 印字ヘッドを付属のワイパークロスや綿棒で拭きとってください。細かい部分まで乾いたらヘッドをプリンタに戻し、通常のヘッドクリーニングと印字テストを行ってください。 ※インクが出ない場合はもう一度 銑イ魴り返してください。
※ 印刷する時は、必ず印字テストを行ってください。初回は印字の色が薄くなる場合がありますが、 それはメジに乾燥しきれなかった少量の液が付着しているためで、すぐに通常の色合いに戻ります。
■プリンタのご使用状況により異なりますが、ご使用頻度や長期間使用されていなかったなどにより、全ての目詰まりに対応できるわけではございません。
トップへ

  1. プリンタからカートリッジを取り外します。
    カートリッジの底を裏返すと、横すじの印字ヘッドがありますのでクリーニング液を数滴たらし、数分放置します。 ※汚れのひどい時や長い間使用されていなかったカートリッジの場合は数時間放置してください。
  2. 付属の注射器の先にエアー抜きをしっかり取り付けます。
  3. エアー抜きを印字ヘッドにあてて、2本の指でエアー抜きをおさえます。注射器のピストンを上にシュッと引き上げ、 液に解け出たインクを抜き取り、注射器からこの液を取り除きます。3〜4回繰り返し、ヘッド詰まりの原因となっているインクを吸い出してください。
  4. 印字ヘッドを付属のワイパークロスや綿棒で拭きとってください。 細かい部分まで乾いたら、カートリッジをプリンタにセットし、通常のヘッドクリーニングと印字テストを行ってください。 ※インクが出ない場合はもう一度 銑い魴り返してください。
※ 印刷する時は、必ず印字テストを行ってください。初回は印字の色が薄くなる場合がありますが、 それはメジに乾燥しきれなかった少量の液が付着しているためで、すぐに通常の色合いに戻ります。
■プリンタのご使用状況により異なりますが、ご使用頻度や長期間使用されていなかったなどにより、全ての目詰まりに対応できるわけではございません。
トップへ
  1. カートリッジを全て取り外します。
  2. 付属の注射器にシリコンチューブを差込みます。
  3. クリーニング液を0.5〜1ml注射器にとります。
  4. シリコンチューブをインク供給口(インクがあたる丸い部分)に差込み、ピストンを押しクリーニング液を注入し数分放置します。
  5. 注射器のピストンをシュッと引っ張ると液に解け出たインクが吸い出され、このままこのインクを注入したり吸い出したりを数回繰り返し、ヘッドを洗浄します。
  6. カートリッジホルダの底にあるヘッドを拭きます。まず、カートリッジホルダが真ん中にある時、動けば手動で左端に寄せ ワイパークロスを3〜4cm幅くらいに切ったものか折りたたんだものを、ホルダーの下に敷きます。   ※手動で動かせない場合はインク交換ボタンで動かして調整してください。
  7. そのワイパークロスの両端をそれぞれ手で持ち上げ、そのままヘッド部分にあたるように左右と上下に動かし拭き取ります。
  8. 端にあるワイパー(ゴムベラ)も汚れていますので、液を付けた綿棒かワイパークロスできれいに拭き取ってください。
  9. 細かい部分まで乾いたら、ヘッドクリーニングと印字テストを行ってください。 ※インクが出ない場合はもう一度 銑Г魴り返してください。
※ 印刷する時は、必ず印字テストを行ってください。初回は印字の色が薄くなる場合がありますが、 それはメジに乾燥しきれなかった少量の液が付着しているためで、すぐに通常の色合いに戻ります。
■プリンタのご使用状況により異なりますが、ご使用頻度や長期間使用されていなかったなどにより、全ての目詰まりに対応できるわけではございません。
トップへ

  1. カートリッジをプリンタから取り外します。
  2. カートリッジの底を裏返すと、胴板の縦すじの印字ヘッドがありますので、ここにクリーニング液を少量たらし、数分放置。 ※汚れのひどい時や長い間使用されていなかったカートリッジの場合は数時間放置してください。
  3. 付属の注射器にエアー抜きをしっかりと差込みます。
  4. エアー抜きを印字ヘッドにあてて、2本の指でエアー抜きをおさえます。 注射器のピストンを上にシュッと引き上げ、液に解け出たインクを抜き取り、注射器からこの液を取り除きます。 3〜4回繰り返し、ヘッド詰まりの原因となっているインクを吸い出してください。
  5. 印字ヘッドを付属のワイパークロスや綿棒で拭きとってください。 細かい部分まで乾いたら、カートリッジをプリンタにセットし、通常のヘッドクリーニングと印字テストを行ってください。 ※インクが出ない場合はもう一度 銑い魴り返してください。
※ 印刷する時は、必ず印字テストを行ってください。初回は印字の色が薄くなる場合がありますが、 それはメジに乾燥しきれなかった少量の液が付着しているためで、すぐに通常の色合いに戻ります。
■プリンタのご使用状況により異なりますが、ご使用頻度や長期間使用されていなかったなどにより、全ての目詰まりに対応できるわけではございません。
トップへ
ホーム | お問い合わせ
Copyright (C) 2005 RECYCLE・ASSIST Co.,ltd. All Rights Reserved.